本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資の勉強・研究
・

会社四季報 業界地図から投資銘柄を発掘する

会社四季報 業界地図 2012年版

成長業界を探すにはもってこいの「会社四季報 業界地図 2012年版」を使い、投資対象を探してみました。今年度版は銘柄コードも記載されているので非常に便利です。

結局のところ投資妙味を感じる成長業種は「IT関係(特にインターネット関係)」と「介護関係」の2つしかありませんでした。

――――― 目安とする条件 ―――――

・絶対:時価総額 500億円以下(100億円以下)
・推奨:PER 10倍以下(8倍以下)
・推奨:ROE 8%以上(8%以上)
・推奨:配当利回り 2.5%以上(3.5%以上)
・推奨:株主資本比率 40%以上 (40%以上)

※括弧内はスクリーニング時の条件。

――――― NG条件 ―――――

・話題の企業(テレビ、世間、大幅増収増益)
・子会社 or 大株主がいない企業
・製造業(あまり詳しくないので避けます)
・人々に不利益を与えるビジネス(消費者金融など)

――――― 成長業界 ―――――

◎SNS・ブログ(P34)

飽和感のあるSNS業界。頼みの綱であるゲームに関しても、Androidマーケットなどにユーザーを奪われつつある傾向は否めません。

・GREE(PER 27倍・売上 640億円)
「ソーシャルゲーム離れ」「アプリに客を奪われる」などの影響から市場の期待ほどは成長しないと予想。

・DeNA(PER 9倍・売上 1127億円)
色々な問題(課金システム、球団買収)があり、株価は大幅下落。PERの面では割安ですが、今後はIT系コモディティ企業に変化していくものと思われます。

・mixi(PER 23倍・売上 168億円)
純粋なSNSインフラとしての価値は3社の中でも一番。底堅い業績が予想されます。ただし、現在の株価は割高だと思われます。

◎ソフトウェア(P70)

会計ソフト、グループウェアがメインですが、魅力的な投資対象はありませんでした。

◎ネットサービス(P74)

カカクコム、スタートトゥデイ(ゾゾタウン)が有力候補。株価の面でカカクコムに投資妙味が出てきました。

◎電子書籍(P94)

魅惑の市ですが、結局のところ主役となるのは「Amazon、Apple、Google」の3社。国内企業で魅力的な銘柄は見つけられませんでした。

◎ネット銀行(P107)

サービスの差別化が行ないづらいネット銀行の中で絶対的な優位性(ATM)があるのが「セブン銀行」です。大きな成長は見込めませんが、配当利回り3%以上と魅力的な株価水準です。

◎介護(P190)

ツクイ、ジャパンケアサービス、ユニマットそよ風、セントケア、シダー、ケア21など、割安銘柄が多い業界。懸念材料としては近年問題になっている「不当広告・料金トラブル」が上げられます。制度改正の人柱に立たされるようなブラックな企業は避けなければいけません。

――――― 成長業界だが投資対象外 ―――――

◎太陽電池(P18)

企業規模が大きい。再生可能エネルギーの最有力として確実な成長が見込まれる。海外企業の競争優位性が強い(特に中国メーカー)。

◎スマートグリッド(P22)

目ぼしい企業がない。長期的には必然的に伸びていく業界ですが、投資妙味はない。

◎スマートフォン(P28)

企業規模が大きい。数年間は確実な成長が見込まれる。Androidの普及(=Google検索の増加)により、インターネット業界のさらなる拡大が見込める。

◎自動車(P38)

企業規模が大きい。新興国(中国、ロシア、ブラジルなど)での需要増が見込まれる。近年では韓国メーカーの成長が目立っている。

◎海外旅行(P198)

企業規模が大きい。引退後の高齢者による需要増が見込まれる。ネット系旅行サイトは大手が独占状態(楽天、Yahooなど)。店舗負担のないメディア型旅行代理店は未上場(トラピックス、クラブツーリズムなど)。

2012年01月31日

[←前] 株価を形成する要素と投資家タイプ
[次→] 築山先生に学ぶ「脳が冴える勉強法」

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2017 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.
ドラクエ10 | ドラクエ10 相場 | 無料オンラインゲーム | スマホアプリ | 幼児教育教材 | 私立中学校 | 趣味探し
盆栽・ミニ盆栽 | 盆栽 | LINEスタンプ | トライアルセット | 健康茶 | 副収入 | プリペイド携帯電話 | 占い師
シャンプー | 漢方薬 | 海外旅行 | 海外ドラマ | 栄養ドリンク | 高崎市の美容室 | ビール | 有料チャンネル