本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資の勉強・研究
・

株価を形成する要素と投資家タイプ

――――― (1) 企業価値を見積り ―――――

≪誰の見積り?≫
機関投資家、大株主、外人投資家、バリュー投資家など

≪どこを見ているの?≫
・将来的にいくら利益を生み出すか?(PER etc)
・成長性は高いか?(ROE、ビジネスモデル etc)
・規模は大きいか?流動性は高いか?(時価総額 etc)
・現在の資産価値はいくらか?(PBR etc)

こういった要素を総合的に見て、株価を判断しています。専門用語ではバリエーション(価値評価)と呼ばれます。

≪正確な株価を導き出すことはできない≫
機関投資家を中心とする超優秀な人々による企業価値の評価ですが、それでも正確な株価を導き出すことは出来ません。不確定要素の少ない業種ほど、よりブレの小さい株価を出すことができます。

≪ブレが起こりやすい状況とは?≫
成長期待値が高い企業ほど株価が上にも下にもブレやすくなります(リスクが大きい)。なぜなら、将来の成長率はプロにも予想が出来ないためです。「カリスマ経営者」「魅力のあるビジネスモデル」「メディアへの露出度」「独占状態」などの要素により株価は高く見積もられます。

『成長期待値が高い企業ほど株価のブレ幅が大きい』

――――― (2) 短期売買による株価の上下 ―――――

≪参加者≫
デイトレーダー、
スイングトレード投資家、ポジション投資家

≪どこを見ているの?≫
・銘柄の盛り上がり
・投資家心理(テクニカル指標、板情報 etc)

≪ゼロサムゲーム≫
短期トレーダーの資金は銘柄から銘柄へ移動するだけなので、「どこかが上がれば、どこかが下がる」「誰かが儲かれば、誰かが損をする」という図式が成り立ちます。

≪根拠の希薄な売買≫
短期トレーダーはファンダメンタルズ的な根拠を持ちません。ベースとなる株価は長期投資家の判断に委ねています。

そのため、
◎基本的には長期投資家の形成する株価を大きく動かすことはない(ファンダメンタルズに収束する)
◎株価のブレ幅が大きい銘柄が好まれる(成長性の高い銘柄、倒産リスクのある銘柄 etc)
◎株価のブレ幅が小さくなれば他の銘柄に移る
などの特徴を持っています。

――――― (3) インサイダーや仕手筋 ―――――

違法な情報優位性や、株価コントロールを武器に取引を行なう不正な投資家。全てを取り締まることはできないため、いつでも身近に潜んでいるものとして売買を行なわなければいけません。

実際には関係していなくても、「仕手が動いたかも」「インサイダーが何か情報を握っている」といった存在感が株価の異常な暴騰や急落を招くこともあります。

――――― まとめ ―――――

このように「企業価値評価による株価」をベースに、短期トレーダーが株価を動かしているのが株式市場です。

2012年01月30日

[←前] RSI、MACDなど、テクニカル指標の基本を学ぶ
[次→] 会社四季報 業界地図から投資銘柄を発掘する

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2017 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.
ドラクエ10 | ドラクエ10 相場 | 無料オンラインゲーム | スマホアプリ | 幼児教育教材 | 私立中学校 | 趣味探し
盆栽・ミニ盆栽 | 盆栽 | LINEスタンプ | トライアルセット | 健康茶 | 副収入 | プリペイド携帯電話 | 占い師
シャンプー | 漢方薬 | 海外旅行 | 海外ドラマ | 栄養ドリンク | 高崎市の美容室 | ビール | 有料チャンネル