本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資の勉強・研究
・

RSI、MACDなど、テクニカル指標の基本を学ぶ

<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方

テクニカル指標を学ぶため「テクニカル指標の読み方・使い方(著:伊藤智洋)」という本を読みました。

まさにテクニカル指標の教科書という内容で「こうすれば儲かる」「このカタチを狙え!」といった単純なアドバイスではなく、「そのテクニカル指標が作られた理由(作者の意図)」「背景にある投資家心理の動き」などを丁寧に解説しています。

個人的には「スイングトレード(数週間〜数ヶ月)」をメインに売買を行なっている投資家の心理や手法を知ることができ、大変勉強になりました。

最近では、

・スキャルピング
・デイトレード
・スイングトレード
・ポジショントレード
・長期投資

の「どれが正しくて、どれが間違い」というわけではなく、これら様々なタイプの投資家が入り混じって株価を形成しているのが株式市場だということを強く感じます(当たり前ですが・・)。その中間に位置するスイングトレードの手法を学んでおくことは、デイトレードにも長期投資にも役立ちます。

少しずつでも「この値動きはデイトレーダーが動いている」とか「スイングトレーダーはここまでしか強気には来れないはず」とか「長期投資家の大きな資金が逃げている」といった裏の部分を感じられるようになりたいと思います。

――― 気になった部分 ―――

◎株式投資とは時間や手間を引き換えにお金を儲けるものです。「株で儲ける」には、時間と手間を惜しまないことです。

◎まったく同じ指標でも、計算期間や条件を変えると、まったく違う売買サインを出すことがある。あらゆる場面で有効なサインを出す指標はない。

◎テクニカル指標には「トレンド追随型指標」と「オシレーター系指標」がある。それぞれの代表的な指標に、移動平均線(トレンド追随型)やRSI(オシレーター系)がある。

◎トレンド追随型指標は株価の方向(トレンド)を示してくれる指標です。トレンド転換時の売買サインが遅れる欠点がある。

◎オシレーター系指標は株価の上下反転ポイントを分かりやすく示してくれる指標です。売買サインが多く出すぎて、本当に注文すべき売買ポイントを分かりづらくしてしまう欠点がある。

◎テクニカル指標には、株価の「振れ幅」「方向」「勢い」「注目の度合い」「反転する期間」を見る指標の5つがある。

◎株価が一定のレンジで推移している場面ではRSIやMACDが有効。

◎オシレーター系指標は一本調子の上げが苦手。

◎小さな振れ幅で同じ流れが長く続くと、参加者はその株を諦めて手仕舞いするため、株価が下がってしまう。

◎指標が下値を示す水準まで下がれば、その銘柄を監視していた投資家が新たに参加してくるので株価が上がりやすい。

◎RSI=とても使いやすいオシレーター系指標。30〜70%を基準に売買するが、トレンドに応じて上下10%程度の調整が必要。

◎自分なりの工夫を凝らして指標を作ることをおすすめする。たとえ、その指標が十分に機能しなくても、指標作りの作業を行なうことにより、さらに値動きがよく見えてくるようになるはずだからです。

――――― 自分の株式投資に活かすポイント ―――――

今までテクニカル指標は全く意識していませんでしたが、「相対力指数(RSI)」はとても便利なので、普段見ているチャートに追加登録しておきました。

また、「同じ振れ幅が続くと短期投資家が去っていき株価が下がる」というのは、薄々感じてはいましたが、ハッキリと書かれていたので助かりました。出来高の背後にある人の動きを忘れずに意識していきたいと思います。

2012年01月30日

[←前] ゼネコン系復興関連銘柄の株価推移
[次→] 株価を形成する要素と投資家タイプ

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2017 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.
ドラクエ10 | ドラクエ10 相場 | 無料オンラインゲーム | スマホアプリ | 幼児教育教材 | 私立中学校 | 趣味探し
盆栽・ミニ盆栽 | 盆栽 | LINEスタンプ | トライアルセット | 健康茶 | 副収入 | プリペイド携帯電話 | 占い師
シャンプー | 漢方薬 | 海外旅行 | 海外ドラマ | 栄養ドリンク | 高崎市の美容室 | ビール | 有料チャンネル