本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOPその他の記事
・

ポーカーで勝つための考え方を投資や人生に活かす

最近は「当たり本」が多いのですが、その中でもピカイチだったのが本書「賭けの考え方」です。

「長期的な戦略の練り方」「長期戦略をブレなく実行するための心のあり方」を学ぶには最高の1冊です。本の題材となっているポーカーだけでなく、投資、ビジネス、さらには人生全般にまで役立つ本です。

多くのことの長期的成功率は「才能×努力×この本に書いてあることの理解度」と言っても過言ではありません。だからこそ1回読んだ程度では身につけることは難しく、定期的に読み返すことで少しずつ自分のものにしていきたいと思います。

ただし、ある程度の基盤がないと、この本を読んでも、いまいちピンとこないかもしれません。

――― 感じたこと・投資に活かせそうなこと ―――

◎画面の向こうにいるライバルは自分と同等以上の能力を持ち、同等以上の努力をしている。その相手に勝つための戦略を絞り出し、実際に成功するために戦術を洗練させなければいけない。

◎市場で生き残っているプレイヤーは「非常に優秀」「豊富な経験」「大きな資金」といった特徴を持つ。投資家はこのように強大な敵と戦わなければいけない。

◎期待値をもとにした現実を受け入れるには「銘柄数を増やす」「売買スパンを短くする」などして、統計対象となる分母を増やす投資環境作りが必要。

◎多くの人は調子の良い期間のパフォーマンスこそが「自分本来の実力」だと思いがちである。大失敗と思われる取引も期待値(実力)の一部として認識しなければいけない。

◎「連戦連勝」「急上昇」などは必ずしも良い兆候ではない。長期的な結果は期待値に収束していく。

◎短期的なセッション(日別・月別)の成績統計を取ることは百害あって一利なし。

――― 気になった部分 ―――

◎コインを10回投げて表が7回以上出る確率は約17%だが、100回投げて表が70回以上出る確率は0.004%しかない。

◎怖がっている金では勝てない(賭け事全般)。

◎テーブルに自尊心を持ち込んではいけない。最終目的をブレさせる別の目的を求めてはいけない。

◎新しいプレイヤーたちは「急激な成長 → 着実な成長」を経た後に、学ぶことへの情熱を失い、今まで勉強に割いていた時間を、他のこと(ゴルフなど)に使いはじめる。

◎優れたプレイヤーならバッドビートを愛するべきなのだ。相手のまずいプレイこそが、あなたの成功のカギである。

◎ダウンスイングに実体はなく、観察上のパターンでしかない。ただし、期待値(実力)の一部でもある。

◎大規模なダウンスイングに対処することは、ポーカープレイヤーとして必要なことの中で最も難しいことの1つである。

◎勝っていることを理由にやめる理由は全くなく、負けていることを理由にやめる意味もほとんどない。

◎マイナスを及ぼすティルトのキッカケはとても多い。「大きな損失・驕り・心や体の疲労・飽き・手抜き」など。

◎プロのポーカープレイヤーとして稼げる人は、それ以外の仕事でも同等以上の収入と安定を得ることができる。その上でポーカープレイヤーという人生を選ぶ意味は少ない。

2012年01月16日

[←前] 勝間さんに学ぶ「決算書から会計操作を見破る方法」
[次→] ゼネコン系復興関連銘柄の株価推移

[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2018 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.