本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資雑記
・

史上最年少上場「リブセンス」の株価分析

2011年12月7日に史上最年少上場(25歳・村上太一氏)で話題のリブセンスが上場しました。今が旬の企業なので簡単に分析してみます。

――― 基本情報 ―――

・2006年設立
・25歳の史上最年少上場社長「村上太一氏」
・社員数 36名(平均年齢 29歳)
・IPOで市場から吸収するお金は約7.5億
・売上高 10.7億円
・経常利益率 34〜42%
・EPS 約87円(2011年12月期予想)
・BPS 約285円(2011年12月期予想)

――― 事業内容 ―――

・成功報酬型求人情報サイト「ジョブセンス」
・成功報酬型賃貸情報サイト「DOOR賃貸」
・成功報酬型中古車情報サイト「Motors-net」(新規事業)

成功報酬型にしたことでクライアント(出稿側)のコストが半分近くまで下がったなどの声が聞かれます。しかも、初期費用のリスクゼロです。さらに契約確定した利用者(訪問者)にもお祝い金を贈呈しています。

つまり、インターネットの低コスト性を利用した価格破壊です。ASP事業(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)などに近い性質です。上手いこと市場の隙間を見つけたようです。

――― 株価の動き ―――

・公募  990円(時価総額 34億円・PER 11.3倍)
・初値 1,800円
・現在 2,211円(時価総額 76億円・PER 25.4倍)

――― まとめ ―――

圧倒的な差別化要因というわけではありませんが、既存同業者にとっては「システム開発が必要」「既存収入の放棄」という事態になりますので、すぐに追いつくのは難しいと思います。

それでもインターネットの世界は究極のビジネス模倣業界なので、先行者利益を享受できる期間は長くはないでしょう。

リブセンスは後追いサイトによる競争に巻き込まれる前に、広告コストが高い業界を探してパイを拡大していく方針となります。

ただし、今の経常利益率は40%付近と非常に高い水準です。価格コム、クックパッド、モバゲーなどの差別化要因の強い強豪サイトを運営している企業と同じ水準です。これは間違いなく低下していくことでしょう。

「少数精鋭の機動力」「競合増加による低下」を加味して、最初の1〜2年は順調、その後の2〜3年は厳しい状況、その後は安定期に入ると予想します。

絶対的な優位性をもつサービスを開発するのは難しいのではないでしょうか。

株価水準はウェブクルーと同じく「PER 20倍・PBR 3倍」ぐらいが妥当でしょう。ちなみに今の時点ではPBRはあまり意味がありません。

≪売り狙い計画≫

初値の2倍の3600円(PER 41倍・PBR 12.6倍)でカラ売り。1800円で買い戻し。

≪買い狙い計画≫

業績次第ですが、400円程度なら買います。ただし、下落リスクが大きいので小額からの計画的ナンピン買いで買い進めます(底値はPBR1倍が目安)。同じIT系の割安企業なら「基盤の安定」と「割安感(PBRの低さ)」を考えて、インタースペースを買います。

もしくは経営陣の実力と実績を考慮して「ザッパラス」も魅力的です。

2011年12月08日

[←前] 書籍「為替がわかると経済が見える」から学ぶ
[次→] 株式市場で大口投資家に騙されない方法

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2017 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.
ドラクエ10 | ドラクエ10 相場 | 無料オンラインゲーム | スマホアプリ | 幼児教育教材 | 私立中学校 | 趣味探し
盆栽・ミニ盆栽 | 盆栽 | LINEスタンプ | トライアルセット | 健康茶 | 副収入 | プリペイド携帯電話 | 占い師
シャンプー | 漢方薬 | 海外旅行 | 海外ドラマ | 栄養ドリンク | 高崎市の美容室 | ビール | 有料チャンネル