本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資の勉強・研究
・

バンドワゴン効果ってなに?投資に活かす方法

バンドワゴンとは、パレードの先頭を走る「楽隊車」のことを指します。

「売上ランキング上位の商品は良い商品だと感じる(より多く売れる)」「選挙で優勢だと報道された候補者を支持するようになっていく(優れた候補者だと感じる)」「株価が上がっている企業は素晴らしい企業だと感じる(より株価が上がる)」など。

ようするにバンドワゴン効果とは「勝ち馬に乗る」「人気のあるものは良いものだと感じる」という思考が、無意識で行なわれる傾向のことです。

身近で思いつく例としては、

・EXILE
・ワンピース
・モバゲー(怪盗ロワイヤルなど)
・任天堂(DSのヒット)

などです。

――― バンドワゴンは避けるべき? ―――

パレードはいつか必ず終わります。後からパレードに参加した人は大きな損をしてしまいます。

しかし、恐れてばかりではパレードを楽しむ(利益を上げる)ことは出来ません。「自分が今、パレードのどの位置にいるのか?」「パレードからいつ帰るのか?」を意識して、パレードに参加しましょう。

――― バンドワゴンで利益を上げるには? ―――

「気付いたら自分がパレードの先頭にいた」というのが理想ですが、その可能性はほとんどありません。パレードのはじまりを素早く察知して参加しましょう。パレードが行なわれているのは1ヶ所だけではないので、後方から参加は見送りましょう。

――― トレンドの存在 ―――

私は「効率的市場仮説」の支持者ですが、トレンドというものは存在すると思います。トレンドの存在を考慮して投資法を考えれば、さらなるパフォーマンスアップが望めるものと思います。

2011年11月28日

[←前] もっと大きい値動きの銘柄にするべきか?
[次→] 10年間の日経平均株価・ダウ平均・為替の動き

[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2018 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.