本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資のための世界経済勉強
・

藤井厳喜さんに学ぶ「アメリカの本音」

Amazonでの評価が非常に高かったので、経済評論家・未来学者「藤井厳喜(ふじいげんき)」さんの「日本人が知らないアメリカの本音」という本を読みました。

非常に多角的な視点から見たアメリカ解説本であり、「アメリカの歴史と今」「世界経済と軍事」「中国の今後」「インターネットの今後」を知るにはイチオシの1冊です。

多くの経済評論家がいますが、ここまで「広さ」「深さ」「バランス感覚」を併せ持つ人はなかなかいないのではないでしょうか。未来予想の情報源としての価値も高いので、2〜3年に1冊は作者の新作を読み続けたいと思います。

――― 学んだこと ―――

◎国というものは人間の集まりであり、統一された考えがあるわけではない。アメリカは特にそのような傾向が強い。

◎アメリカは建国当初から「フェデラリスト」と「アンチ・フェデラリスト」の対立が続いており、これがアメリカの複雑性を生んでいる。

◎個々の人間が育ってきた環境により考え方が大きく異なるように、国というものも歩んできた歴史によって考え方の方向性が異なる。

◎ヨーロッパの外交基本は「バランス・オブ・パワー(国益こそが善)」だが、アメリカの外交基本は「(アメリカの判断する)善悪が基準」となっている。

◎中央銀行は絶対に存在しなければいけないわけではない。アメリカでは1832年からの80年間は中央銀行が存在しませんでした。

◎米中の本格的な対立が迫っている。

◎東日本大震災が報道された直後、中国のインターネット上では喝采を叫ぶ声も殺到した。

◎世界の中で日本人の真面目さやお気楽さが際立っていると感じます。しかし、個人的には、その真面目さやお気楽さが日本の長所とも思えます。

◎人の記憶は10〜20年もすれば忘れ去られる。情報としては残るが、感情記憶としては完全に消えます。それが過去の過ち(戦争、バブル)を繰り返す原因となります。

◎景気の上下は「政策の影響」で語られることが多いが、本質的には状況の変化(需給関係)が原因だと思います。

◎官製インターネット(国内完結のネットワーク)という選択肢もある。

◎1922年:ラジオ放送開始、1941年:テレビ放送開始、1993年:モザイク(ブラウザ)を開発、1995年:Windows95発売(インターネット時代の到来)。インターネット時代のスタートからまだ20年程度しか経っていません。

◎TPPの本質的な問題点は「国民の安心・安全が守れなくなること」です。色々な基準を自国で決められなくなってしまいます。

2011年11月24日

[←前] 外食産業で面白い銘柄を探してみました
[次→] インタースペースが配当実施でストップ高

[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2018 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.