本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資雑記
・

インタースペースの株価下落が止まらない

少し前に8万円を付けたインタースペース(2122)の株価が急落しているので、状況を分析してみようと思います。

――― 基礎データ ―――

※2008年1月〜2011年11月(毎月の終値)

・平均 55,044円

・最安値 26,920円(2008年12月)
・2番安値 27,600円(2009年1月)
・3番安値 29,800円(2008年10月)

・最高値 103,000円(2010年4月)
・2番高値 102,400円(2011年4月)
・3番高値 98,300円(2011年7月)

・決算発表日 11月8日(2011年)
・中間決算 5月10日(2011年)

――― 最近(2011年)の動き ―――

・1〜5月は5万円前後で推移。
・5月6日の上方修正を受けて一気に2倍以上に急騰。
・6月〜7月は10万円前後を推移。
・8月は徐々に落ちて8万円前後。
・9月中盤に急落して6万円程度。
・その後は決算発表(11月8日)に向けて期待買いが進み、最高値8万円まで戻す。
・11月は決算発表を受けて5万4000円まで急落(現在)。

――― 決算発表はそれほど悪かったのか? ―――

≪2011年決算≫
・売上 9452百万円(21.2%増収)
・営業利益 362百万円(72.7%増益)
・アフィリエイト事業 8829百万円(20.8%増)
・メディアコンテンツ事業 633百万円(26.8%増)

≪2012年決算予想≫
・売上 10258百万円
・営業利益 419百万円
・純利益 221百万円

≪材料≫
※パソコン向け広告の金融関係が落ち込む(カバー済)
◎不採算事業(フリーペーパー)を譲渡(2011年8月)
◎スマートフォンが追い風
◎メディアコンテンツ事業の種まき完了(収穫間近)
△中国マーケットへの進出

≪なぜ株価が落ちたのか?≫
現状は「好業績」「健全(自己資本比率 58%)」「高成長(ROE 10%以上)」「割安(PBR 0.85倍)」と極めて順調な状態です。むしろ事前の上がり方が異常だったと言えます。インタースペース株の乱高下には投機的な雰囲気を感じます。

――― 今後の方針 ―――

(個人的な)誤発注の影響もあり、少し平均買値が上がってしまいましたが、今後も20%下げを基準に無理せず丁寧に拾っていきたいと思います。次の狙いは50000円ですが、その前に上がってしまったら仕方ありません。

決算発表に向けて上がっていく傾向が見て取れるので、発表前の上昇で売ってしまいたいのですが、次の決算発表は期待が持てるので迷うところです。

――― リスク ―――

インターネットビジネスもかなり安定してきましたが、「アフィリエイト」という事業に付きまとうリスクは拭い去れません。

2011年11月21日

[←前] JACK氏に学ぶ「株式投資 4つの裏技」
[次→] ザッパラスの中間決算発表前の投資判断

[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2018 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.