本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資の上達論・精神論
・

コントロールできない出来事を悔しがらない

株式投資をしていると
「なぜあの銘柄を買っておかなかったんだろう」
と感じることが多々あります。

しかし、私の考えでは「暴騰銘柄の予想は不可能」だと思います。2倍になる銘柄をいくつも当てられるのなら、2倍・4倍・8倍・16倍・32倍・64倍とあっという間に大金持ちです。

ちなみに2011年11月13日時点で「年内最安値で購入して2倍以上になっている銘柄」は144件(約3.8%)です。3倍以上になった銘柄は39件(約1.0%)です。そもそも最安値での購入自体が難しいので、「当たればラッキー」程度の確率です。

では「諦めればそれでよいのか?」と言うと、そういうわけでもありません。

まずはコツコツ確実に稼げる基本戦略を作ります。大儲けはいりません。目標は年10%でも20%でも良いので実現できる仕組みを必死で考えます。

私の場合は「20%スイングトレード」「急落リスクの少ない銘柄選び(企業分析・チャート・配当利回り)」「ナンピン買い」です。その戦略を続けるうえで「暴騰銘柄が当たればラッキー」というわけです。

さらに「暴騰銘柄を引き当てる確率を少しでも上げる方法」を常に考え続ける必要があります。

――― ビジネスでも同じ ―――

私の場合、ビジネスでも同じような経験をしたことがあります。周りの仲間達が羨ましくなるような大きな成果をあげるのを見て「自分も美味しい思いをしたい!」と強く願うようになりました。

その結果、短絡的な作業ばかりをおこない、成果が全く出ない時期が続きました。この時期は本当に辛かったです。

今では地元(群馬県)に腰をすえて、周囲のノイズに惑わされることなく、自分のペースで気の合う仲間とコツコツと仕事を続けています。その結果、爆発的とは言えませんが、自分にとっては十分すぎるほどの成果をあげることが出来ました。

時には予想外の報酬が舞い込むこともありますし、最近では大当たりの傾向を感覚的に掴むことで確率アップすることも出来ています。

同じ過ちを繰り返さないために、以前のような心理状況を「エルドラド症候群」と呼んでいます。

「コントロールできない出来事を悔しがらない」

勝負に勝つための鉄則です。

2011年11月13日

[←前] 元防衛大臣・石破茂さんから「国防」を学ぶ
[次→] さらに利益をあげるには?2011年11月

[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2019 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.