本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資の勉強・研究
・

行動ファイナンスと複雑系から学ぶ株式投資

「投資の科学 - あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い」という本を読みました。非常に示唆に富む内容で「この本と出会えて良かった」と思います。

私が株式投資を再開するにあたって考えていた「ビジネスと同じで株式投資は複雑系であり、常に状況の変化に合わせて戦略を変えなければならない」という大前提を肯定してくれるものでした。

ただし、この本を読んでも株式投資が上手くなることはありません。役立つエッセンスのオンパレードですが、知っているのと身についているのでは意味が違います。内容を全て身につけるには、個々のテーマについて膨大な量の思考を重ねる必要があります。

「初心者の方」や「株式投資に必勝法を求めている方」には難しすぎるのでオススメできません。底の見えない株式市場という海を本気で泳ぎきる覚悟のある人だけが読めばよいと思います。

――― 面白かった部分 ―――

※ カッコ内は私のコメントです。

◎競馬において馬の人気など問題ではなく、馬が勝つチャンスとオッズの間にどれだけ魅力的な乖離が存在しているかが重要なのである。

◎意思決定において唯一確かなのは「確実なものはない」ということである。

(自分の意思決定を疑うことの大切さ)

◎情報量の増加により精度が向上するわけではない。

(難しい計算式を使えば勝てるという幻想)

◎人間は同じ大きさの損失に対して感じる不満のほうがはるかに大きい。

(市場の低迷・バブルが起こる理由・多くの投資家が損切りが苦手な理由など、多くの出来事がこの特性で説明できます)

◎集中:優れた投資家はみな、自分の得意分野を大切にしている。

◎コイン投げの理論は、熟練した市場参加者が最も連勝を記録しやすいという事実を見逃している。

(確率や数値の乱用・悪用に気をつけなければいけません)

◎賭け金を払う直前よりも払った後のほうが、その賭けに勝つ自信をより強める。

(自己肯定は誰にでもある危険な傾向)

◎模倣行為の本能:人は群れをなして考える。だから、群れをなして狂気に陥り、やがて1人ずつ、ゆっくりと正気を取り戻すのである。

◎お粗末な三段論法:人間は不合理である→マーケットは人間で構成されている→マーケットは不合理である。

(不合理な人の集合体が合理的結果を生み出すことは少し驚きです)

◎後知恵バイアス:人間は出来事が終わったあとになって、その出来事の結果についてあらかじめ何かを知っていたと思う傾向にある。

(後知恵は疑ってかかったほうが良さそうです)

◎意思決定の理由をノートなどに記憶しておくことは、意思決定の能力を高める手助けとなる。

(自分の間違いが露呈してしまうのを恐れずに記録を続けます)

◎人間の脳はシナプスを過剰に作り出して、それから必要なものだけを残し、あとは刈り取っていくというプロセルを辿る。

(ビジネスも投資も無駄に感じる膨大な経験を積み重ねることが長期的な成長を生むのでしょう)

◎大抵の場合において集団の能力は個人の能力を超越する(一般人の予測市場の異常に高い精度を実現)。

(集団の能力に身をゆだねながら個人の能力を活かす戦略が大切)

◎ジョージ・ソロスが処理している情報の大部分は言語的なものであり、統計的なものではない。

(数値万能主義は脱しなければいけません)

◎実際のマーケットでは正規分布が示す確率よりもかなり頻繁に極端な価値の変動が起こる。そのためレバレッジを効かせたポートフォリオは致命的なダメージを受けることがある。

(大きすぎるレバレッジはいかなる場合も危険)

◎1980年から2004年までの間に2000社近くのハイテク企業が上場したが、そのうちの上位%が全利益を稼ぎ出した。

(ある業種の成長期は生き残る企業を探すことがポイント)

◎新規参入企業のほうが古参の伝統的な企業よりも、高いトータルリターンを株主にもたらす。

◎企業の投資収益は一定の期間が経過すれば資本コスト水準に回帰する。

◎企業成長率の分散は企業規模(売上高)の増大とともに減少する。

◎企業というものは転んだら起き上がれない。

2011年11月10日

[←前] 売買判断は日経平均の推移を考慮する
[次→] 株式投資における投資対象銘柄 3つの探し方

[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2018 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.