本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP私の株式投資法
・

売買判断は日経平均の推移を考慮する

――― 投資家は市場に踊らされる ―――

株式投資初心者の頃はあえて重視していませんでしたが、当初考えていた以上に「個別銘柄は市場全体と連動する」ということに気付きました。

どのような意味かといいますと、

(1)A株・B株・C株をそれぞれ100円で購入。このときの日経平均は10000円です。

(2)幸いになことに130円値上がりしたので売却。代わりにD株・E株・F株を50円で購入。「オレって才能あるかも」などと思ったりします。このときの日経平均は13000円です。

(3)しかし、残念なことにD株・E株・F株は38円になってしまいます。これで資本は(1)の状態とほぼ同じになります。このときの日経平均は10000円です。

このように、個々の銘柄選択が上手くいっているように見えても、実際は市場全体の波に踊らされているだけという状況が多々あります。

さらに悪いことに動けば動くほど税金や手数料によるロスが発生するので、市場全体を下回る結果となってしまいます。

よく「株式市場(日経平均)が上がって欲しい」といった声を聞きますが、日経平均が上がった時点で株式投資から撤退しないかぎり、市場から利益をあげることは困難です。これが「株式投資は敗者のゲーム」だといわれる所以です。

しかも、日経平均が上がれば「配当利回り」も下がってしまうので、実のところ「市場全体(日経平均)の上昇は悪い出来事」でさえあります。

――― 波に乗りながら利益をあげる ―――

このように恐ろしい市場の呪縛ですが、私は「市場全体の波を逆手に取れるのでは?」と考えています。

私の基本売買ルールは「20%上がったら売却」「20%下がったらナンピン買い」です。もちろん銘柄ごとに違いがあります。これは購入理由が関係するので、いつでも「この銘柄は○%上がったら売るつもりだ。なぜならば・・・」と説明できなければいけません。

さて、本題の「市場を逆手に取る方法」ですが、「購入時の日経平均と今の日経平均の差を計算にいれること」です。例えば、A株を日経平均10000円のときに100円で購入します。その後、A株が130円になっても、日経平均も同じ比率だけ上がっていればA株の値上がりは0%だと考えます。下がった場合も同様の考え方です。

逆にA株の株価が100円のままでも、日経平均が20%下落すればA株を売却して他の銘柄を購入します。

つまり、市場全体の波から乖離した銘柄だけを売買します。この作業により徐々にですが、市場全体における自分の所有率をあげていくことができるはずです。

【計算はEXCELでおこなう】
「購入日がバラバラの場合の購入時日経平均の求め方」や、「日経平均の推移を考慮した値上がり率」などは、計算式を作ってEXCELで管理するとラクです。

2011年11月05日

[←前] 株式投資に便利なアプリ for iPad&iPhone
[次→] 行動ファイナンスと複雑系から学ぶ株式投資

[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[注目サイト]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2019 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.