本気の株式投資ブログ
一筋縄ではいかない株式投資の世界で利益をあげるために、膨大な量の勉強を決意した投資家のブログ
TOP
TOP株式投資のための日本経済勉強
・

日本の民間銀行は国債買い放題なのか?

日本では急激なインフレを防ぐため、日本銀行による国債の直接購入は法律で禁止されています。

これはとても素晴らしいことです。

しかし「もしかすると日銀は民間銀行を利用して国債を間接的に買い取っているのではないか?」という疑問が湧きあがりました。

というのも民間銀行が所有する国債を担保に日銀が民間銀行にお金を貸しているためです。実際に2010年10月から2011年9月にかけて、日銀の受入れ担保残高は12兆円分も増加しています。

ここ10年ほどのプライマリーバランス(基礎的財政収支)は平均マイナス17兆円程度で推移しているので、その大半を日銀が間接的に引き受けていると想像することができます。

もはや「日銀が無制限にお金を発行している状況」といっても過言ではないのでしょうか。

ちなみに国債売買の仲介役として利用されている民間銀行の財務面(資本比率など)には、影響が出ないようになっています。詳しく知りたい方は自分自身で調べてください。

では、なぜインフレにならないのでしょうか?

それは毎年追加で発行しなければいけない国債は10〜20兆円程度で、これは日本の規模(マネーサプライ 約750兆円、GDP 約500兆円)から考えると、それほど影響の大きくない額だからです(2%〜3%程度)。

世界の平均インフレ率は約4〜5%(先進国は約1.5〜2.5%)程度あり、相対的に見て日本の潜在インフレ率はまだまだ低いと言える状況です。

では、なぜ日銀はこんなに回りくどいことをしているのでしょうか?

それは日銀の使命が「物価の安定」にあるためです。物価の安定は国民の 富を守ります。そのためには「政府からの独立」がもっとも重要な要素なのです。

しかし、国債が売れなくなり日本がデフォルトに陥ってしまえば、間違いなくハイパーインフレが起こり、日銀にとって望まない結果となってしまいます。そこで日銀は落としどころとして、政府とは一定の距離をおきつつ、こっそりと国債を下支えしているわけです。

また、「日銀が国債を買い取っている」と知られれば、国民の動揺により過度のインフレに動いてしまう可能性があるため、国民から「日銀は何もしていない」と批判されようとも、あくまで表立っては動かないようにしています。

国民から罵られようとも国民のためにやるべきことをしている日銀は素晴らしいです。まぁ、超エリートであり支配者階級の日銀職員にとっては「庶民の戯言」などはダメージにならないのかもしれませんが。

ついでに言えば政府も「日銀の国債買い取り」が表に出ないことにより、「高齢者からのインフレ批判を避けられる」「不安や危機感をあおって増税を国民に納得させる」「過去に構築された無駄な仕組みを強引に解消できる(仕分け事業)」など、国力を高めるための政治が進めやすいのかもしれません。

私たちがニュース・新聞などで知る情報はあまりにも表面的であり、庶民にとって耳触りがよく、そこからは真実を知ることはできないのだとつくづく思い知らされます。

【株式投資に活かせるポイント】
日銀による「国債の間接的買い取り」を考えると「日本が破たんする」という可能性は非常に低いのではないでしょうか。長期的には緩やかなインフレ基調で動いていくのだと思います。

2011年10月20日

[←前] 全体的な株価下落は株式購入の大チャンス!
[次→] 国の理想と歪みから投資方針を考える

[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。

【この記事に対するコメント】 コメントを投稿する

運営者の写真
運営者:かなめ
住まい:群馬県
生まれ:1980年
17歳でMac購入。21歳で株式投資開始。24歳で独立(IT系)。26歳で法人設立。31歳でヘアサロン事業開始。今は一流の投資家になるために猛勉強中です。
[カテゴリ]
私の株式投資法 (7件)
株式投資の勉強 (22件)
日本経済の勉強 (6件)
世界経済の勉強 (9件)
上達論&精神論 (5件)
株式の基礎知識 (3件)
その他 (10件)
株式投資雑記 (9件)
決算発表の分析 (2件)
経済の定点観測 (2件)
おすすめの投資本 (16件)
[運営サイト]
コミラン
オンラインゲーム
私立中学校
幼児教育
カードローン
[つぶやき]
インタースペースとタカラが共同事業の発表。
(2012年01月17日)
野村ホールディングスと同じ理由で東京電力を全て売却しました。
(2012年01月10日)
体調を崩しました。少し休息をとります。
(2011年12月15日)
野村證券を全株売却。長期的に見て衰退色の強い企業は避けます。
(2011年12月05日)
くらコーポレーションが下方修正。決算発表後にじっくり検証します。
(2011年12月03日)
インタースペースから年間配当650円/1株の発表。
(2011年11月22日)
少し前(8/1)の話ですが、ザッパラスの社長に川嶋真理氏が復帰しました。元社長の平井陽一朗氏に期待していただけに、たった1年での交代(降格)は残念です。
(2011年11月12日)
ベルクと西松屋の配当金が届きました。決算発表から1ヵ月後ぐらいですね。
(2011年11月10日)
インタースペースで誤発注。予期せぬ金額で買ってしまいました。資金が大きくなると冗談では済まないので、深く反省しています。
(2011年11月09日)
インタースペースで80300円のミラクルな高値売却を成功。やはり決算発表当日は動きが激しいです。決算後は急落しました。
(2011年11月08日)
超小型銘柄フライングガーデン。こういった銘柄は市場との連動性が低いのでポートフォリオの調整に便利です。
(2011年11月08日)
[新サイトOPENしました]
ソーシャルレンディング投資の学校
注目を集めるフィンテック業界の主力商品。17年の投資歴の中でも見たことがないレベルの有利な投資商品です。大手3社はデフォルト0件にも関わらず約7%の利回り。
[新しい記事]
[同カテゴリ内の記事]
Copyright © 2011-2018 本気の株式投資ブログ by Kaname All Rights Reserved.